ユーラシアンオペラ 東京 2018.9.27.28 .30

http://musicpoeticdrama.com/eurasianopera.html


音楽詩劇研究所  Presents

ユーラシアンオペラ 東京 2018

Schedule

home.html

サーデット・テュルキョズ

Saadet Tu?rk?z

ヴォーカル(トルコ)

サインホ・ナムチラク

Sainkho Namtchylak

ヴォーカル、美術家、書家(トゥバ共和国)

即興ヴォーカリスト。東トルキスタン(ウイグル自治区)から政治難民としてイスタンブールに辿り着いたカザフ系の両親の下に生まれ、幼い頃に同地のカザフ・コミュニティーの長老たちから学んだ中央アジアの語り物と、日常聞こえてくるコーランの響きと自由な節回しが、後のスタイルの原点となる。20歳でスイスのチューリッヒに移り住み、フリージャズや即興音楽に出会い、それが自身の音楽的ルーツに塗り重なって、今の独特のスタイルに至る。

現在、チューリッヒを拠点に、世界各地の即興ミュージシャンと刺激的なコラボレーションを展開する。代表的な共演者に Elliot Sharp(ギター、サックス/米国)、 Fred Frith(マルチ/米国)、Nils Wogram(トロンボーン/独)、Koch-Schuetz-Studer Trio(スイス)、日本の音楽家では、琴の八木美知依、ヴォイス・パフォーマンスの巻上公一など。

2010年には国際交流基金主催日本トルコ現代音楽制作「Sound Migration」に参加。2017年の音楽詩劇研究所「黒海プロジェクト」において、イスタンブールでの全公演に参加した。

喉歌、実験的なジャズ、古典、電子音楽、仏教的な思想を組み合わせて表現することのできる、世界的にも類稀なヴォーカリストとして知られている。ロシア連邦トゥバ共和国の中でもモンゴルとの国境近く、南シベリアに位置する小さな村で生まれた彼女の初めての音楽的なインスピレーションは、南シベリアからモンゴルまで続く無限の砂漠と草原(ステップ)の遊牧の民だった祖母が歌う子守唄からもたらされたものだった。

感じるままに歌う社会(幸せなときも、悲しいときにも)の中で成長していった彼女は、モスクワのグネーシン音楽院で声楽を専攻し、同時にトゥバやモンゴルに特有の喉歌による倍音唱法やソビエト時代に長らく禁じられてきたシベリアのラマ教、シャーマニスティックな伝統をも学ぶ。その後、トゥバ共和国の国立民族音楽団の歌手としてキャリアをスタートし、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダを回るツアーをおこなう。1988年には、民族的要素と現代的な要素を組みわせたスタイルをつくり出そうと試みるソビエト連邦のジャズアンサンブルTri-Oの主要メンバーとして西洋のメディアから注目を集め、その表現は驚きをもって迎えられた。また、ヨーロッパの音楽家とも積極的にコラボレートしており、1993年にヨーロッパのレーベルから『Out of Tuva』を発表し世界の音楽シーンに衝撃を与えた。

美術家、書家でもあり、民族の叙事詩を用い、声の表現やエレクトロニクス、ライブペインティングを融合させた総合的なパフォーマンスを、ウィーンを拠点に世界各地で行っている。7オクターブともいわれる声域と技術、芸術的なリサーチと文化的・宗教的背景に裏打ちされた彼女のパフォーマンスは「過去も、現在の最先端あるいは未開の領域までも、聴かせ、旅させる」と評されている。

? Paul Jacquat, Switzerland

《招聘アーティスト》

Continental Isolation(仮)

作曲・演出:河崎純

音楽詩劇研究所は、これまでにロシア、アルメニア、トルコ、ウクライナなどユーラシア大陸の各地でコラボレーションを中心とした活動を行なってきました。2018年はその旅の途上で出会いコラボレーションを重ねてきた、初来日となる2名を含む4名の歌手をシベリア、ウクライナ、トルコ、トゥバ共和国より東京に招き、彼女らの多彩な活動を紹介するコンサートを企画・制作。

また日本のアーティストとの共同制作により〈ユーラシアンオペラ〉を上演します。

孤独な現代に生のエネルギーを授ける新しい「神謡集」が東京の地で織りあげられます!

かつて世界中の音楽がもっていた演劇的感性を体現する5名の海外アーティストたちと音楽詩劇研究所が

これまで積み重ねてきたコラボレーションからうまれる〈ユーラシアンオペラ〉完全版の上演。

2018年9月30日(日) スーパー・デラックス

15:00開場 料金未定(詳細は随時SNSや本サイトにて更新して行きます)

昼の部│15:30?  サインホ・ナムチラク  ソロコンサート

夜の部│17:30?  サインホ、サーデット、アーニャ、マリーヤ、国内ゲストアーティストによるコンサート

*「夜の部」のみご覧になる場合は、17:00よりご入場できます。

2018年9月27日(木)   座・高円寺 2

19:00開場/19:30開演 予約:3,500円  当日:4,000円

Incredible sound vision of Eurasia in Tokyo(仮)

これまで主に伝統音楽の紹介にとどまっていた知られざるユーラシアンミュージックの〈現在〉を紹介する一夜限りの祭典。

シベリア、ウクライナ、トルコ、トゥバ共和国の4人の歌手を中心に、ゲストの日本人アーティストとの出会いにより、

さらに新しくなっていく未知の音楽の誕生の瞬間。

2018年9月28日(金)   座・高円寺 2

18:30開場/19:00開演 予約:3,500円  当日:4,000円

座・高円寺 2

東京都杉並区高円寺北2-1-2 Tel. 03-3223-7500

高円寺駅(JR中央線)北口より徒歩5分

|地図(Google Map)


ご予約・お問い合わせ: 音楽詩劇研究所  info@musicpoeticdrama.com

スーパー・デラックス

東京都港区西麻布3-1-25 B1F Tel. 03-5412-0515

六本木駅(東京メトロ日比谷線/都営大江戸線)3番出口より徒歩5分

|地図(Google Map)


ご予約・お問い合わせ: 音楽詩劇研究所  info@musicpoeticdrama.com